▽∵▲ ▽∵▲ ▽∵▲ ▽∵▲ ▽∵▲ ▽∵▲ ▽∵▲ ▽∵▲ ▽∵▲

0



    ▽∵▲ ▽∵▲ ▽∵▲ ▽∵▲ ▽∵▲ ▽∵▲ ▽∵▲ ▽∵▲ ▽∵▲ 


    こちらはイラストレーター金川カモメの別ブログ
    ほぼしごとに関係のないコラム、写真日記などを綴っております
    本日はお越しいただきありがとうございます
    ごゆるりとおくつろぎくださいませ

     

    This is another blog of Japanese illustrator KAMOME Kanagawa.
    Thank you very much for coming today.
    Please relax by my blog.

    ▽∵▲ ▽∵▲ ▽∵▲ ▽∵▲ ▽∵▲ ▽∵▲ ▽∵▲ ▽∵▲ ▽∵▲ 



     


    2017年もよろしくお願いします

    0

      2017年はじまってます。

      今年はこちらのブログも内容を充実させていく予定です。

       

      いろいろやりたいことがあり、もっと時間がほしいなといつも思っています。

      賢者は「時間は自分で作るもの」という。

      凡人の私にはそれがうまくできないっ!

       

       

      …取り乱しました。

      鶏。

       

       

      今年もよろしくお願いいたします。

       

       


      ゆらぎ

      0
        とある日、静かな休日のオフィス街での出来事。

        日差しが暑い昼下がり、友人たちとお茶できる場所を探してさまよっていた。
        突然の雨。
        弁当屋の前でしばらく雨宿り。

        隣の小さなビルの窓に半裸の男性ひとり。
        もしや露出狂?と疑ってよくみると、風呂上りの中年男性。
        覗いたのは私たちの方かもしれない。


        しばらく雨は降り続きそんなことも気にならなくなり、みなでその場にしゃがみこむ。
        時間が止まる。
        そんな目の高さで街を見ることはないなと気づく。

        おかげで面白い写真がとれた。












         

        福岡ついで観光ある記2

        0
          つづき

          サンセルコを堪能したあと、続いてまたもや『福岡ついで観光』掲載のレトロ喫茶店「ブルマーシャン」へ連れて行ってもらいました。



           
          こちらは誌面を見て真っ先に行きたい!と思った場所。
          サンセルコの向かいあたりにある、これまたレトロなビルの地下1階にその世界は広がっています。
          エントランスは四方をタイルで囲まれた至福の空間。

          さあ、夢の国地下王国へ続く階段を降りましょう。。
          (なんだか妙なノリになってきました。)






          オレンジとブルーの色使いが爽やかなお店のサイン。



          壁の一部が車窓のようなデザインになっています。
          懐かしの、対になった猫の置物も◎。





          おお、昼間からラウンジのようなこの雰囲気がたまりません。



          あいにくこの日は食事系のメニューは品切れでしたが、西村さんのご著書『福岡ついで観光』をつまみにミックスジュースを飲みました。

          レトロ喫茶店必須アイテムのマッチもいただきました。
          …もしかしてこの絵柄はあの有名イラストレーターの!?
          もう残り少ないそうなのでお店に行かれたら、ママにそっとねだってみてください。

          物腰が柔らかくて上品なママ。

          ママの博多弁、もっと聞いていたいなあ。

           
          しかし寂しいことにお店の後継者がいないそうで、高齢のママは「私で終わりかもね」と話していたそうです。
          志の高い方、ぜひブルマーシャンでアルバイトからはじめませんか??募集しているかわかりませんが。どんっ





          市内をぶらっと歩いて感じましたが、福岡にはまだまだ数多くレトロなビルが健在です。
          後ろ髪を引かれつつ、博多を後にしました。

          西村さん、ムシメセンさん案内していただき、ありがとうございます。
          『福岡ついで観光』の第2号が今から待ち遠しい!


          福岡旅行記は続きます。


           

          福岡ついで観光ある記

          0
            仕事のブログにも書きましたが、先日九州旅行をしてきました。
            今まで長崎と北九州には行ったことがあるのですが、博多は初めて。

            まず初日は飛行機で長崎へ。
            ずっと行きたかった長崎の端島(軍艦島)からの、ずっと親近感を感じていた特急かもめでの博多入り。
            特急かもめの車体はつばめでしたが、細かいことはこの際置いておいて。
            ちなみに特急かもめの看板は、このブログのトップ画像にも使わせてもらっています。






            博多では、昨年福岡に移住されたムシメセンさんと『福岡ついで案内』の西村さんに市内を案内してもらいました。



            まずは地下鉄呉服町駅近くの老舗珈琲店『ブラジレイロ』でムシメセンさんと待ち合わせ。
            福岡で最古の珈琲店だそう。
            評判の糸巻き型カツレツを食べたかったのですが、一足遅く売り切れでした。
            また挑戦したい。

            その後西村さんと合流して噂(一部で)のレトロビルへ。
            こちらは『福岡ついで案内』に掲載されている、1974年竣工のレトロな内装がすばらしい複合ビル「サンセルコ」。
            ホテルニューオータニ博多の隣にあり、地上10階地下2階、4階までが商業施設になっています。

            看板のオレンジの使い方が昭和を感じさせます。
            さ、中へ入ってみましょう。


            店内の元洋菓子屋さん「欧州」のあったスペース。
            重みのある名前ですね。
            どんなお菓子が売られていたんでしょうか。
            テナントスペースけっこう空き店舗が多いです。


            いきなりレトロビルにつきもの螺旋階段が現れた!
            遊園地のようなカラフルなベンチもいい感じ。
            夢があります。



            もちろん螺旋階段を上ってみる。
            さっきの赤いベンチが下に見て。




            螺旋階段を上まで登ると…これまたレトロ建築には付き物の素敵なガラスのシャンデリアが!
            か、カッコイイ…。
            60年代〜70年代に流行したぶどうモチーフのインテリアの様。
            天井のガラスに映って美しさ倍増。


            そしてこれまたレトロビルには付き物のモザイク壁画!
            モザイク壁画好きにはたまりません。
            こんな素敵なものがあまり人目につかない場所にあるのがもったいない。



            通路の幅に対してとても大きなサイズ。
            普通のデジカメでは収まりきりません。



            拡大すると手仕事の細かさに感動。
            資金、時間に余裕のあった時代の貴重な遺産です。



            さらに拡大すると、質感がまるでお菓子のようです。
            まるで半透明のゼリー。
            おいしそう。。




            「こちらから広場に出られますよ。」と西村さんについてエスカレータに乗り上を見上げると、急にスペーシーな空間が。
            無駄に数が多い天井のスポット。
            100個以上はくっついていました。
            全て白熱灯なので電気代が凄そうです。
            訪れた日はほとんどの電球が点灯していませんでした。


            階段状のサンセルコ広場。
            こちらの広場はどんたくの時にも使われるそうです。
            祭り衆が酔っ払って階段から落ちないか心配です。




            下へ降りる途中に「ついで案内」にも紹介されているステンレスの巨大オブジェに会えます。
            LEDの照明器具がグルグル巻かれているのがもの悲しい。
            後から、誌面のモデルちゃんと同じポーズで写真を撮ればよかったと激しく後悔。



            レトロ建築愛好家としては施設に活気がない方が哀愁(これがキモ)あっていいのですが、いつ取り壊されるのかという心配も同時にあります。
            気になった方は早めに訪れてみてください。

            つづく

             

            ベルリンの壁

            0

              googleのホリデーロゴが気になって、毎日チェックしている。
              今日はベルリンの壁崩壊25周年なんだそうだ。
              私は子どもだったのだが、あのテレビで見たお祭り騒ぎはうっすら覚えている。

              動画には壁が贈られた都市の映像が流れていた。
              日本にはベルリンの壁は来なかったのかな。

              近年ベルリンは現代アートが盛んな都市として話題に上ることが多い。
              事情に詳しい人に話を聞くと、今はロンドンよりベルリンなのだそうだ。

              日本ももっとそういうシーンが盛り上がるといい。
              才能や技術があるアーティストは沢山いると思うのだけれど、何が足りないのだろう。




               

              かっこいい三角2

              0


                本来の目的以外の場所で収穫が。

                高円寺のイソヤマ堂さんでいい味のタイルを見つけた。
                店長さんも三角モチーフ好きだそうで、三角型の魅力についてしばし盛り上がる。

                お話によるとこれは、あの有名洋菓子チェーンレストランの室内装飾に使われていたもののストックなんだそうな。
                夢がある。

                きれいなお茶菓子なぞおいたら美しいだろうなあ。
                とりあえず我が家の生活感あふれるキッチンに置いてある。

                こういう出会いが嬉しい。


                 

                メヒカリ

                0


                  近所の魚屋でメヒカリが安かったので買ってきた。
                  以前何かで美味しい魚だと聞き、調理法は天ぷらか干物がメジャーだという。
                  天ぷらでは芸がないのでこの機会に干物に挑戦することにした。


                  干物にするにはまずはらわたを出さねばならぬ…。
                  腹を裂くといろいろなものが出てくる。
                  大きいものなら小魚など、さらにいろいろ入っています。


                  ググったら干物作りで肝心なのは、とにかく水分を飛ばすことなのだそう。
                  本当は一夜干しで十分らしいのですが私が住んでいる辺りではカラスもいるし、気軽に外に干せない。
                  いろいろ考えて一日冷蔵庫で乾燥させ、半日ベランダに干すことにした。
                  都会のマンション住まいでも、冷蔵庫やメッシュのかごを使って簡単にできます。

                  もちろん美味しい干物が出来ましたよ!









                   

                  夏 鎌倉 由比ケ浜 LIVE

                  0






































                    Yちゃんにさそわれて、LIVE@由比ケ浜。
                    オレスカちゃんたちもう26歳なんだって!
                    みんなかっこ良かった。





                    花火まで見られてサイコーだった。


                    今年の夏は短かったな。
                    滑り込みセーフ。



                     

                    かじったパンとカード

                    0

                      お世話になっている方から美しい絵画のカードが届いた。

                      行きそびれた「バルテュス展」のものだったので、さらに嬉しい。
                      カードを眺めながらパンをかじった。



                       

                      | 1/9PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM